kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 01日

写真の並べ方 と 意味 そのⅢ

b0148016_146264.jpg

Fuji Finepix S3 pro
Tokina ATX 124 PRO DX
左:横浜市石川町 右:藤沢市片瀬
2005年12月 撮影・構成

組み合わせとして必要な事として
写真の雰囲気も重要ではあるが
人物の傾き角度、中央にある橋の欄干と車の窓枠など構成的に考慮している
その辺に不満があれば組まないだろう

調和もあるけれど
ズレも生じている
そのズレ=空間の緊張に
心理的緊張が入り込んでくる
そういう感覚がこの場合の「意味」なのかもしれない

*写真はクリックすると拡大します

© All rights reserved.
[PR]

# by kobosss | 2008-08-01 14:23 | 映像思考 | Comments(0)
2008年 08月 01日

写真の並べ方 と 意味 そのⅡ

b0148016_23545297.jpg
b0148016_235551.jpg
b0148016_23552188.jpg

この三枚の写真は同じ道沿いでのものではあるけれど、撮った順番を変えてある。
三枚続けて見るとそこに「読み取ろう」とする意識が働く事になる
同一性と差異性をそこに読む
そして、
そこにある「ズレ」に自分は興味を持ったりする

肖像を描く場合、人体を描く場合は「左右の違い」に特に気を配る
そこに描きたいものがあるからだけれど
このような写真の場合には
同じ身体性では確認出来ないものの
同様の動機が明瞭にあるように思われる

300708撮影
NikonD3  
Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZF

© All rights reserved.
[PR]

# by kobosss | 2008-08-01 00:04 | 映像思考 | Comments(0)
2008年 07月 31日

複合的=Ⅱ    「肖像の為の習作」

b0148016_15482826.jpg

1997制作

PCでの作業は

関わりとしての肉体性が乏しくなる

物質との触れ合いからくる時間性が無くなる

モニターの空間では構成が良く分からない

問題をいろいろ感じるのだが、試みざるを得なかった

Photoshopで「レイヤー」という視点を導入されて
影響が鉛筆素描などに具体的に表れるようになるには
これから随分と時間がかかったように記憶している

これから11年経っている

© All rights reserved.
[PR]

# by kobosss | 2008-07-31 15:56 | 素描思考 | Comments(0)
2008年 07月 31日

複合的

b0148016_13192326.jpg

左はPhotoshopで複数の画像(肖像写真、油彩による肖像画)を重ねて作成1998
右はキャンバスに油彩による肖像の試み1996(部分)
動機はほぼ同じだが、方法が異なっている

画像をクリックすると拡大

© All rights reserved.
[PR]

# by kobosss | 2008-07-31 13:24 | 素描思考 | Comments(0)
2008年 07月 31日

写真の並べ方 と 意味 Ⅰ

b0148016_1137433.jpg

カテゴリー「日常生活随想」に上げてあるものを別編集にしてカテゴリー「写真」に置く
このように並べると「意味が明確」になるように思えるのだが、一方「意味が限定」されてしまうようにも思えて来る。この二枚の選択は実際「類似」といったようなものなのかもしれないが「類似」となると「それでおしまい」になりそうで、それではつまらない。仮に「類似」であった、としてもそこにそれだけに留まらない思索の広がりがあって良いはず。そこで上記のタイトルとなったのだが、それでも不十分である事ははっきりしている。異なった並べ方を同じサイトに置く事以外にはこのような文章の付記も有効であろうと、ここに長々としてみたが、長々するのはblogというメディアの性格には合わないように思える。

言葉はそれだけで意味を発していると、見做す。それを写真とする事によって、二重構造となるところは考えても良いと思う。そのような指摘は以前からあったとは思うけれど、このメディアの中でこのように付記しつつ考えるという事はその構造を三重にする、という事以上の意味があるように思える。それはネットワークを考えるという事でもあるのかもしれない。

写真をクリックすると拡大します

© All rights reserved.
[PR]

# by kobosss | 2008-07-31 11:56 | 映像思考 | Comments(0)