kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ

タグ:要素 ( 9 ) タグの人気記事


2012年 02月 19日

February 19, 2012 やはり、撮りながら考える

右側と左側、その間がブランクになっている。
二つ、あるいは複数の場に分かれていて、その間がブランクになっている、という事か?

b0148016_16305055.jpg

NikonD3 
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
CaptureNX2 Photoshop6.0

これなども関係しているような気がする。
b0148016_947496.jpg

work-6kb 060219 flash


時間軸とはまた別なのか、
あるいはもうひとつの時間軸。
b0148016_1342473.jpg







鍋島正世© All rights reserve
[PR]

by kobosss | 2012-02-19 16:31 | 映像思考 | Comments(0)
2008年 08月 26日

要素 <素材>

b0148016_13413425.jpg

http://geco.exblog.jp/i6/
藤浩志氏の「超違和感術~鳥へ」から:素材はおもちゃの破片
藤浩志© All rights reserved



b0148016_13594665.jpg

この顔は見る角度によって、
兎にも見える。
そのような事は意図していないのだが。 紙が様々な質感の記憶を呼び起こす。
紙=混沌としたテクスチャの海→素材=要素としての質の破片
「みおつくし」1982 紙に鉛筆© All rights reserved

全てが置き換え可能であるという前提で「何が可能なのか」という事を考える事
置き換えられないものがあるとしたらそれは何か?
ルネ・マグリットのように
「これは鳥ではない」として
「これは鳥である」ともして
そこに
セザンヌの
「自然と平行に」を置こう

そこで、リアリティとは何か?意味とは何か?

もちろん「鳥」は環境というくくりの中では一つの構成要素として機能する
b0148016_045055.jpg

b0148016_14192370.jpg

b0148016_14193945.jpg

Fuji Finepix S3 pro
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)
Tokina ATX124PRO DX
© All rights reserved
[PR]

by kobosss | 2008-08-26 14:01 | 映像思考 | Comments(0)
2008年 08月 19日

様式

b0148016_1241780.jpg
b0148016_1243634.jpg
b0148016_124461.jpg

ルーブル美術館にて
2008年12月17日撮影

NikonD3  
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
CaptureNX2 DeveloperStudio3.0 Photoshop6.0
© All rights reserved.

蜻蛉の頭部に続けて投稿される巨大な牛の装飾彫刻の写真は
異なる時代文化で成立しようとするこのサイトの全体を構成するために
更に借用される事となった

>「、、、一貫した様式の全体を構成するために、異なる文明から借用した要素の組合せによって特徴づけられている、、、、」
*ルーブル美術館公式サイト参照
[PR]

by kobosss | 2008-08-19 12:33 | 映像思考 | Comments(0)
2008年 08月 05日

要素

b0148016_947496.jpg

work-6kb 060219 flash

小さい単位を構成要素としてただ並べてあります
一単位を出来るだけ小さく、そして、単純化してかなり軽く作る事が出来ました
PCへの負担が軽いのでこれを拡げて大きくするのは比較的簡単だと思われます。

音が不可欠です。音とボールの動きに完全な連動があるわけでないのですが、錯覚します。

「間 あるいは ずれ」 の延長上にあります

© All rights reserved.
[PR]

by kobosss | 2008-08-05 09:59 | 映像思考 | Comments(0)
2008年 07月 24日

「風の表皮」1982 と その部分

素材の中に既に在る 要素 に気付く事

「風の表皮」 B全 紙に鉛筆 1982 

879×640pix
b0148016_054684.jpg

その部分
b0148016_0543412.jpg



© All rights reserved.
[PR]

by kobosss | 2008-07-24 00:55 | 素描思考 | Comments(0)
2008年 07月 22日

組上げる

「庭の為の習作」 キャンバスに練り込みテンペラ 60S 1977
b0148016_21315493.jpg

「PeachTailWeaver」左「MoonTaikWeaver」右 キャンバスに練り込みテンペラ
共に130S 1977
b0148016_21321850.jpg

「モニター上のエレメントの為の習作」 デジタル 2005
b0148016_21323585.jpg


kobosss2内参照 ①

kobosss2内参照 ②
© All rights reserved.
[PR]

by kobosss | 2008-07-22 21:37 | 素描思考 | Comments(0)
2008年 07月 22日

構成要素の為の習作

「水彩習作」 10F 紙に水彩 1977
b0148016_21202562.jpg

「水彩習作」 6F 紙に水彩 1977
b0148016_2122347.jpg

「アクリルによる習作」 6F×2 パネルにアクリル 1977
色の積み重ね方 ずらし方 並べ方 を試しているところ
b0148016_21254188.jpg


© All rights reserved.
[PR]

by kobosss | 2008-07-22 21:27 | 素描思考 | Comments(0)
2008年 07月 22日

単位を考える事と、心理的なイメージ

構成要素を単位化する、という事は、セザンヌを持ち出す以前に西欧のものの考え方の由来から考えねばならない事なのだと思う時がある。それは当然ギリシャか、、もっと以前、、、?

木にアクリル 縦1.6メートル横1メートル程度 1980年頃制作 1995年頃破棄
b0148016_0233921.jpg


100608撮影
風景の中のモチーフ 962×640pix
b0148016_0244452.jpg


自分の心の中に住んでいる鳥は素描を通して姿を現す
素描の中の単位は既に紙と鉛筆のうちに与えられていた

1982年頃 紙に鉛筆 
b0148016_026662.jpg


「シュール・リアリズムをやろうとしているのですか?」と問う批評家がいたけれど、そのような発想で考える事は全く無い。

© All rights reserved.
[PR]

by kobosss | 2008-07-22 00:38 | 素描思考 | Comments(0)
2008年 07月 16日

原点

原型的なイメージとして自分の中にあるものがこのような写真を特に撮らせる事となる。

962×640pix
b0148016_0514284.jpg

NikonD3  
Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZF

© All rights reserved.
[PR]

by kobosss | 2008-07-16 00:52 | 映像思考 | Comments(2)