人気ブログランキング |

kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 05日

「構成」の為の三つの覚え書き

手前のブロックが後方の階段を隠しまた補填する事。
画面の矩形がモチーフによって繰り返されるような位置を選ぶ事。
以上二点は結果としてこだわった要点。
撮ろうと思った最初の時点では気が付いていない。
何故このような関係に注意が向くのか?
b0148016_052328.jpg

いつも気に留めている街の中、路上にある「サイン」。
ここでは沈み始めた陽の逆光によって路面のテクスチャに独特のものがあり
それに撮らされている。
b0148016_0524173.jpg

ノーファインダーで撮っている。
ほとんど何も考えずシャッターを押したもの。
シルエットとなった人々の配置に惹くものがあtって、
構成を検討しているうちに45度傾ける事となった。
写真を傾ける事に積極的な意味を考えるきっかけになっているところが大事な点。
モンドリアンの斜線の問題は写真撮影ではどういう意味を持つのか?
b0148016_0524944.jpg

三枚目はクリックで拡大します
下は三枚目の元画像です。
b0148016_19133533.jpg

2009年01月04日撮影
NikonD3  
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
CaptureNX2 Photoshop6.0
鍋島正世© All rights reserved

by kobosss | 2009-01-05 00:53 | 映像思考 | Comments(0)


<< 瀕死のケンタウロス Ⅲ      重さについて >>