人気ブログランキング |

kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 05日

090505 唯何事も無ければ良い日常

藤沢市鵠沼
12:04
b0148016_15393891.jpg


写真はクリックで拡大します

NikonD3
AF-S VR Micro-Nikor ED 105mm F2.8G(IF)
Ai AF-S Teleconverter TC-17E Ⅱ
CaptureNX2 PhotoshopCS4

b0148016_15394871.jpg

23.4×33cm
和紙に墨

紅葉の種が蔦の葉の上にとまっている。普通はこういう形では落ちてこないものなのだと思うのだけれど、これだからこその興味が湧いてくる。そして、自然の完璧感に対して脱帽。

セザンヌは自然に対して自分の絵画の目標を「平行」と言ったけれど、微妙なバランスを感じさせる言葉だなと改めて思う。

他人に対しては「絵画は生活を犠牲にしてまでするようなものではない」と言ったようだけれど、自分自身はストイックに自分の絵画上の試みに一生を費やした。

例えそれがパパの遺産に支えられていたとしても、あんな贅沢なアトリエを持てたとしても、絵画だけの生活なんて、、、、あ、そこいら辺はちょっと羨ましいか。

僕はセザンヌの何倍か高価なワインを呑んでいたりする。

「ブルジュワの生んだ最高の絵画」という言い方を故岡本唐貴氏はしていたけれど、プロレタリアートの生んだ最高の絵画、、なんていうのはあるのでしょうか? 尋ね損ねてしまった。

そもそも現在、絵画はそのようなまな板の上に乗るようなものなのか、僕には分からない。

鍋島正世@All rights reserved

by kobosss | 2009-05-05 15:43 | 日常風景随想 | Comments(0)


<< 唯何事も無く過ぎて行けば良い日...      090504-2 唯何事も無... >>