人気ブログランキング |

kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 20日

「テーブルの上で」記憶の庭 1982制作 B2

HP上のコメント
http://www6.ocn.ne.jp/~koboss/

「この作品の前に
ライトテーブルの上に砂鉄とかガラス板などを構成して
ライティングに工夫をして写真撮影をするという習作があります。

この頃はブレダン紙に6Bの鉛筆で描くことがほとんどだったのです。
紙としての物が表現を展開させていくことの可能性に気づくことが出来たのは、
鉛筆の紙に対する角度と滑らせていく方向とにこだわっていたからです。」

鉛筆と紙、そして線のみによる表現という単純化を経て質感、調子などを自分のものとしてあらためて捉え直すきっかけとなったものの一つ。

b0148016_171629.jpg

「テーブルの上で」 B2
1982
紙に鉛筆



この頃しばしば鳥の登場する夢を見た。
鳥の様々な現れようを解釈することなく実現しようとすることが、
自分の絵画の持ちうる現実感への手がかりとなることを願っていた。
これは鳥とも爬虫類ともなんともつかない生き物のように見える。
流体力学には興味があったのだが
科学的なアプローチには自分はあっていないようだった。
レオナルドの世界に身近なものとして特別な興味をもつようになったのは最近の事。 紙の質感がなんとか解ってきた時期のもの。
紙の上に描かれるものは
むしろ紙にはぐくまれ生まれてくるようだ。 (2000)

以下四点1982~3年頃の作例
b0148016_111664.jpg

b0148016_113416.jpg

b0148016_115274.jpg
b0148016_12591.jpg





素描をやり直す必要が出てきてハイビスカスをモチーフとして空間の取り扱いの試みをしている一連のものの中から。

b0148016_1714942.jpg

b0148016_9344879.jpg

ハイビスカス素描 F6×4 
2006

鉛筆


素描空間への身の置き方には様々なタイプがあって、現在の自分が最も興味をもっているのはそういう「素描空間の在り様の検証」なのかもしれない。

© All rights reserved.

by kobosss | 2008-07-20 17:11 | 素描思考 | Comments(0)


<< 動機=モチーフ について      互いに 見るものと見られるもの >>