人気ブログランキング |

kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 11日

空間 <バロック的>

b0148016_11333698.jpg
b0148016_11334831.jpg
b0148016_1134867.jpg
b0148016_11341758.jpg
b0148016_11342827.jpg


立体物としての額縁は写真になる事によって平面化される。絵画・素描は、本来持っている深さの感覚が写真となる事によって減じているにしても、相対的には三次元的イリュージョンが強くなっているかのように見える。Georges de La Tour (1593-1652)による「聖トマス像」は実際に現場で感じられる以上に「飛び出してくるような立体感」を「想像」させる。

資料撮影
国立西洋美術館(Georges de La Tour )
東京国立博物館(軸装縁)
NikonD3  
Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZF
CaptureNX2 Photoshop6.0
鍋島正世© All rights reserved

素描はオリジナルをスキャンしたもの
「ピーマン素描」2004 紙に鉛筆
鍋島正世© All rights reserved

by kobosss | 2008-09-11 11:52 | 映像思考 | Comments(2)
Commented by ヒロジョー at 2008-09-11 13:23 x
うわ!ほんと、絵から出てきそー(^^)
ピーマンかな?「1,2,3,だぁーっ!!」って拳に見える(^O^)

Commented by kobosss at 2008-09-11 14:29
ホントウニピーマンなんだってばさ!(^O^)


<< 方法 <素描への入り方>      残夏 Ⅱ <夕暮れハイビスカス> >>