人気ブログランキング |

kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 18日

「肖像画」

b0148016_21421384.jpg
b0148016_21422590.jpg

図はクリックすると少々拡大
1990
S氏肖像の為の習作
10F
紙、鉛筆

氏には初対面であったので
「肖像」というものになるのかどうかかなり危惧した。
大学病院の外科部長退官記念という事で
容貌が似ているという事に加えて
記念碑的な性格を備えている必要があるだろうと
考えたのだった。
更に自分の考える「絵」としての水準に迄持って行くのは並大抵でないだろうと予測した。

通常のこの種の仕事に較べて非常に恵まれていたのは
氏が苦もなく
何度でも何時までも休むことなくポーズがとれるという
超人的なモデルとしての資質を持っていたという事だった。
外科医の体力気力には感心を越えて驚く他無く
ただただそのような機会を与えられた事に感謝。

この二枚はあまりこちらの思い入れに引き込むことなく
どちらかというと客観描写の方向で描いたもの。

こういうものは「肖像」あるいは「肖像画」というものになりうるものなのかどうか
今に至るまで考え続けている事になる

鍋島正世© All rights reserved.

by kobosss | 2008-09-18 22:44 | 素描思考 | Comments(0)


<< 習作       迎雨 >>