人気ブログランキング |

kobosssblog

kobosss.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 21日

相乗 <記憶>

b0148016_1048418.jpg

b0148016_10481929.jpg

ここのところ最も頻繁に覗いてみたくなる映画に「第三の男」があって
こう始めただけでもあの曲と映像で頭が一杯になってくる
一枚目の写真に写る人がハリー・ライムに似ているかどうかは別にして
この写真を見る度にあの映画を思い出させる事は確か
ミケランジェロは二十歳ぐらいからその力にひきづられて
自分の素描を考える際に最も参照した彫刻家であるのだけれど
この写真を見ると思い出すのはあのウィーンの光と影なのだ

ルーブル美術館のここの光には自然光の良さがあって好ましい
光が活きている
彫刻は特に活きている光で観たいと思う
刻々と変化する光の中で彫刻もその表情を変えていく
それだけでも見飽きる事は無い

自分の脳に蓄積されている記憶=光の相乗が
観るものをますます面白くさせていく

写真はクリックで横800ピクセルに拡大

2004年12月19日
Paris
Nikon D70
AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G
CaptureNX、Photoshop6.0
© All rights reserved.

by kobosss | 2008-09-21 11:06 | 日常風景随想 | Comments(0)


<< 典型      屋上 <季節> >>